#さしみシティ

長崎は日本一

さしみが美味しいまち。

(を、目指します)

#さしみシティ

長崎の港が面する東シナ海は「魚のゆりかご」といわれ、多くの回遊魚が集まります。 長崎が日本一豊富な魚種と、日本第2位の漁獲高を誇る理由です。 とれる魚の数だけ、美味しく届ける技もあります。魚種が日本一多い長崎は、その魚を美味しく食べるための技術を、日々磨き上げてきました。このまちは人と魚が共生し進化してきた、最鮮端のまち。 こんなに(魚が)新鮮な体験は、ほかのまちではできません。 最鮮端のおいしさを、確かめにきませんか。

※2020年調べ

アートボード 1@3x-100.jpg
「魚の美味しいまち長崎」参加店舗を利用し、
Instagramで、nagasaki_sakanaをフォロー
写真を「#さしみシティ」にタグ付けして投稿「場所」に
お店の位置情報の追加も忘れずに!
料理や食事シーンを撮影
※「魚の美味しいまち長崎」参加店舗は
ガイドブックをご覧ください。
参加方法

長崎の「さしみ」の魅力を全国の方に知ってもらいたい!

皆様からの「長崎でのさしみ体験」投稿お待ちしております

#さしみシティ

※投稿された写真はコメント付きで、本サイトに公開されます。

※全ての投稿が本サイトに公開されることを保証するものではありません。

※本サイトに反映されるまで時間を要します。

※投稿テーマの内容と合っていないもの、第三者の権利を侵害するおそれのあるもの、その他当社が不適切だと判断した写真は、掲載されません。

※サイトに反映されるのはInstagramのみです。非公開アカウントでの投稿は表示されません。

 
 
海から近いまち、長崎の最鮮端クオリティ

海からの距離が

最短のまち長崎

海からの距離が最短のまち長崎。(※1)

大小多くの島々とリアス式海岸の入り組んだ地形のまちは、海岸線から街までの距離がとにかく近い。だから魚の鮮度が高いのは当たり前なのです。

#さしみシティ

魚の種類だけ美味しく届ける技がある。魚の種類日本一(※4)の長崎は、その技術が受け継がれ日々進化する、人と魚が共生するまち。まさに鮮魚の最前線、鮮度の高いまち、新鮮シティです。

鮮魚の最前線、

鮮度の高いまち、

新鮮シティです

世界中の魚の10%以上(※2)が漁獲され、多くの回遊魚が産卵、生育のために集まる「魚のゆりかご」東シナ海・黄海。 ここで育った魚達は、海流に乗って日本本土最西端に位置する長崎の海へやってきます。全国魚種の豊富さ第1位、(※4)漁獲高第2位の理由です。(※4)

日本本土最西端に

位置する長崎の海

これぞ長崎鮮度!
#さしみシティ
 

世界中の魚の10%以上(※2)が漁獲され、多くの回遊魚が産卵、生育のために集まる「魚のゆりかご」東シナ海・黄海。(約1,100種以上(※3)生息) 日本本土最西端に位置する長崎の海は、世界稀な超優良漁場。海水温、海底まで日光が届く大陸棚や対馬暖流、魚の住処となるリアス式海岸、狭い地域に岩場や砂場など変化にとんだ地形、それらに適用する魚種。全国2位(※4)の漁獲、全国1位(※4)の魚種。しかし、壱岐玄界灘や対馬西側など特に好漁場の魚は、それぞれ福岡や金沢、築地などに水揚げされる実態も。(のどぐろ、アナゴなど)

魚の種類だけ美味しく届ける技がある。魚の種類日本一(※4)の長崎は、その技術が受け継がれ日々進化する、人と魚が共生するまち。 魚種別の締め方、裁き方、保存の方法、切り方、最適な食べ頃など、その技術が伝承しています。

おいしい刺身の理由について
刺身
サシミノベーション

● 野締め:生きたまま氷につける

● 生き締め:血抜き、水洗い、その後氷につける

● カット:魚種や部位によって切り方違う

● 近年は冷凍技術も発達:ブライン凍結、急速冷凍等し、全国へ流通可能に。

魚の種類だけ最適な捌き方、食べ方、食べごろが長崎には伝わる

● 食べごろ:新鮮、熟成など魚種や部位により違う

● 食べ方:熟成、湯びき、昆布締め、炙り、冷水締め、など

● 調味料:青もの、白もの、クジラにマッチする醤油、土地柄による味つけ

※1:体感値であり、個人の感想です  ※2:2005年世界の漁船漁業生産量より算出

※3:東シナ海・黄海の魚類誌(2007,東海大学出版会)より  ※4:2020年調べ

サシミノベーション!美味しさのヒミツを動画で発見

トラフグの生産者さん、鮮魚店の方、寿司職人と美味しさの理由はそれぞれ。

魚を美味しく食べるための技術を、日々磨いております。

最鮮端の美味しさを確かめに来てください。

市民が納得、魚の美味しさ再発見CM

「鮮魚店編」

市民が納得、魚の美味しさ再発見CM

「生産者編」

市民が納得、魚の美味しさ再発見CM

「職人編」

Copyright © 2020 nagasaki-city seafood guide, All Rights Reserved.